ストレスが原因で便秘に

ストレスが原因で便秘に

女性に多い悩みが便秘。

 

その中で、ストレスが原因で、腸が過敏に反応し、便秘になってしまうことが有ります。
他のページで、スコアしお話したのですが、ダイエット薬であるオルリスタットを服用することで、腸を刺激する効果があるために、便秘を解消してくれます。

 

ただし、便秘を改善させるための薬ではないために、普段の生活態度に心がけることが重要になります。

 

 

まず、特徴的なのが、お腹の張りや痛み、このような症状は便秘の特徴的な症状。
これが要因で、体重が増えてしまうことも・・・。

 

どうしてこのようなことが起こるかというと、ストレスが関係します。
この症状をストレス性便秘と予備、代表格は過剰性便秘症候群とも呼ばれます。

 

脳と腸は自律神経のネットワークで密接につながり、排便をコントロールしている、でも、ストレスでそのネットワークのバランスが崩れると、排便や下痢などさまざまな便の障害が起こってしまいます。

 

すると、次第に普段とは違った腸の壁が起こります。
緊張して、激しく収縮し、大腸の一部分が狭くなる。すると、痛みが起こることも有ります。

 

過敏性腸症候群は男性では下痢型が多く、女性の場合は便秘になりやすいことがわかっています。

 

改善するためには、食事の時間や回数を規則正しく生活リズムを整え、ストレスを減らすことが重要。

 

普通の便秘とオーバーラップしていることも有りますが、お腹の張りや痛みがあり、排便することで、症状が和らぐ場合、ストレスや性便秘の可能性が高いために注意が必要。

 

 

 

ページトップへ