腹八分を意識

太らない体を作るには食べなければ自然に痩せると誰しも思うのですが、そんなに甘くはないものです。普段から甘いものや脂っこいものは極力食べてはいけないとは思って入るのですが、仕事でうまくいかないことや生理前になると無性に我慢ができなくなり、食べてしまうわけであり、結果的に体重を減らすことができなかったり、もっと体重が増えてしまったりスルわけなんです・・・

 

そこでダイエットの医薬品であるオルリファストを使うわけなんですが、これはあくまで最終的な手段として使うという感じです。つまり、計画的にしていてもうまく自分を調節することができず「我慢出来な!!肉食べたい!!甘いものが我慢出来ない!!飲み会にいかなくては!!」っというときに私はオルリファストを服用しています。

 

そうすることで、朝の部分が消化されずに、そのまま脂肪や糖分が大概に排出されるという感じなんですね。しかし、毎日のように服用したり、摂取量が多いと体に大した大きな負担をかけてしまい副作用が起こる可能性があります。

 

一番はオルリファストを使わずに、毎日計画的な食生活ができたら良いものなんですが、これがウマクはいかないものなんです。ただし、極力出来ることがあるのなら行いたいもので、たとえば寝る前は満腹に食べるのではなく、腹八分目に抑えるということです。

 

よく聞くようなことなんですが、腹八分目をこおころがけることから始めることでも、ぜんぜん違うと私は思います。

 

腹八分目でしっかりと満足するためには一口20〜30回、をしっかりと噛むことも大事ですね。そうすることで、口の中で唾液量が増え、消化とともに自然と栄養価が高くなるわけで、健康にもつながります。

 

当たり前のようなことなんですが、このようなことをどれだけ意識的に行えるのかで、健康につながると思います。