副作用で油や便が出やすくなる。

作用が強いオルリファスト

私たち女性にとって本当にウレシイようなダイエット薬であるオルリファスト。
毎日のように服用することで、運動や食事減量をしていないのに、徐々に体重を減らすことができる。

 

アメリカのデータによると、オルリファストを服用した人の98.7%の人がダイエット効果を感じたという結果が出ているとのこと。

 

それほどの効き目があるのですが、どうして一般のドラックストアーなどで処方されていないか?
これは、肥満という一つの病気の患者に処方される薬として開発されたのがオルリファストだそうです。

 

普段、毎日のように食べている「肉、ご飯、野菜、お菓子」など。栄養分はしっかりと吸収してくれるのですが、太る原因である脂分は、腸で吸収せずにそのまま体外に排出してくれます。

 

これがオルリファストのウレシイ所。

 

しかし、このような作用があるゆえに、副作用が起こるために注意が必要。

 

副作用「おなら、便」

脂肪や脂分が体内に吸収されないために、「おなら、便」として放出されます。
そのために、普段以上に量が増えます。

 

これがオルリファストの副作用の一つです。
「おらら、便くらいはへっちゃら〜」ッと思う人もいますが、うまくコントロールしないと、大きな失敗をしてしまうおそれがあるので注意。

 

たとえば、オナラを透かしたつもりが、間違ってオナラと一緒に油、便が出てしまいます・・・。
すると、パンツにべっちょりとついてしまう恐れが・・・。これはほんとうに恐ろしい・・・。

 

しかも、そのタイミング人のいるところだったら、、、。

 

そのために、一工夫が必要です。
私なんかは、この副作用はもう仕方がないと理解しています。痩せるためだったらへっちゃらなんです。
でも、この体外に排出するオナラや油をうまくカバーすることが大事。

 

そのために、生理の時に使っているナプキンを、毎日のように利用していますね。
これがあるかないかで、全然変わってくると思う。

 

 

後もう一つ、
これはオルリファストの服用量や個人差に夜と思いますが、内服薬を毎日のように服用すると、胃から吸収された薬の成分は肝臓に伝わるために、あるていど負担がかかります。

 

この影響で、肝機能障害になる可能性もあるために注意が必要。
食欲不振や肌が痒いなど症状が起こることもあるために、違和感を感じたら、医師に相談をすること。

 

 

 

ページトップへ