体温は33度を考えておくこと

眠る時の体重を意識しておくこと

痩せる薬を毎日服用すればいいという考えだけでは体重は落ちませんし、たとえ運動をしたとしても、思うような効果はありません。

 

1日の流れの中で、計画を立て、健康に繋がるような生活を整えることが大事です。これはダイエットもそうですが、健康的な体を求めるためにも必要不可欠です。

 

その中でも、ぐっすりとした睡眠をどれだけ意識できるのかが大事で、1日に6〜8時間の睡眠を意識して取れるかが重要になります。

 

睡眠の第一の役割としては、脳のオーバーヒートを防ぐことであり、体温を下げずに、33度をキープすることであり、これは季節は関係ありません。

 

たとえば、体温を下げると、脳や血液が冷えてしまい、脂肪の減少にも繋がることがわかっています。

 

そこまで拘る必要があるのか?
そのようなことを考える人がいますが、出来ることなら、こだわりを持つことは、決して間違いではありません。

 

活動と休憩のリズムに合わせて体温は上下し、毎日のように汗が流れるほどの活動を意識しておくことは非常に大切なことです。

 

寝て休憩しているときは体温は低くなり眠気が高くなります。体温が下がった時、睡眠ホルモンのメラトニンお分泌が盛んになり、体温は互いに影響しあって眠りを作っているわけであります。

 

眠る前の体温を維持させつつ、どのような服装で眠り、掛け布団をしっかりと使うのかまで考えてもいいと思います。

 

細かいことかもしれませんが、毎日の繰り返しで、体重の現象や健康にも繋がるために、日々の生活環境を意識しておくことが重要になるかと思いますね。